カメラのタイプ|ネットワークカメラで防犯対策を始めよう|カメラノチカラ

ネットワークカメラで防犯対策を始めよう|カメラノチカラ

カメラのタイプ

作業者

防犯カメラと一言で言っても、色々な種類があります。最もオーソドックスな防犯カメラが、四角い箱型のカメラです。このタイプのカメラには、先端にレンズが付いています。誰が見ても防犯カメラということがわかるので、犯罪者への威嚇になるので、設置するだけで効果を得られます。銀行やコンビニなどでよく設置されている防犯カメラが、ドーム型のカメラです。ドーム型のカメラは、どこにレンズが向いているのかわかりにくく、カメラの死角を犯罪者に教えないというメリットがあります。また、ドーム型の防犯カメラには、マイクが内蔵されているタイプもあるので録音したいときにも活用できます。超小型で、手の平に収まるほどの防犯カメラもあります。小型の防犯カメラなら、持ち運びができますし、限られたスペースに設置ができます。ただ、数時間程度の撮影しかできないので注意が必要です。

家の周りに外壁がある住宅の場合は、防犯カメラは設置したほうが良いです。外壁があると、近所の目を遮ることができるので、犯罪者が侵入しやすくなるのです。そのため防犯カメラが無いと、非常に危険なのです。また、周辺に家が少なかったり、家が留守がちだったりする場合も、防犯カメラは設置したほうが良いでしょう。空き巣や泥棒というのは、自分のテリトリーを持っていることが多く、同じエリアに出没する可能性が高いです。そのため近所で空き巣の被害が出たら、早めに対策をしておくべきです。