ネットワークカメラで防犯対策を始めよう|カメラノチカラ

カメラのタイプ

作業者

箱型の防犯カメラやドーム型の防犯カメラ、小型の防犯カメラなど、種類はさまざまあります。設置する場所やシーンに合ったカメラを選ぶことが大切です。空き巣に入られやすい住宅は、防犯カメラを付けておいたほうが良いです。

More Detail

一戸建て住宅で使用

男性

犯罪に遭いやすい一戸建て住宅には、監視カメラを設置したほうが良いです。監視カメラがあるだけで、犯罪抑止に繋がりますし、犯罪に遭った場合も証拠映像として警察に提出することができます。

More Detail

アナログカメラとの違い

防犯カメラ

ネットワークカメラの強みが、映像が高画素ということです。ネットワークカメラは、メガピクセルや100万画素以上のカメラもあります。防犯カメラが低画素だと、犯人の顔を見ることができなかったり、画像が粗いため証拠として活用できなかったりすることもあります。しかしネットワークカメラを防犯カメラとして利用すれば、高画質の映像で録画できるので、防犯カメラとして高い効果があるのです。また、設置や増設を簡単に行なえるという強みもあります。ネットワークカメラを設置する場合、PoEHUBを介してLANケーブルでネットワークに接続するだけで使用できます。LANケーブルで映像信号や音声信号の伝送ができるので、簡単に工事ができるのです。防犯カメラを設置する場合、カメラの本体価格が高いだけではなく、工事で高額な費用が発生することもあります。しかしネットワークカメラなら、設置コストが安いですし、増設も手軽に行なえるのです。

ネットワークカメラとアナログカメラの大きな違いは、CPUが搭載されているかどうかです。ネットワークカメラには、CPUが搭載されているため、画像処理をカメラ自体で行なえるのです。その機能の1つとして、モーション検知機能があります。モーション検知機能とは、ネットワークカメラで映像比較をして、画像に変化が合ったときにアラートを上げられるのです。このような機能があれば、さらに防犯力を高めることができるので、非常に便利です

低コストで簡単なカメラ

レディ

防犯カメラを簡単に設置したいというときは、ワイヤレスタイプを活用すると良いでしょう。配線工事をする必要がないので、コストも抑えられます。購入する際は、受信機の設置位置や、カメラの性能をしっかり確認しておくべきです。

More Detail